● 舞台監督読本

2021年9月30日

いままで誰も教えてくれなかった舞台監督の世界!

ミュージカル・演劇など舞台芸術の世界でよく聞かれる疑問、
「舞台監督って何するヒト?」

プロデューサーと予算配分を話し合い、
演出家のイマジネーションを実現し、
照明・音響・美術といった専門家を取りまとめ、
公演本番では舞台の建て込み(設営)からバラシ(撤去)までを主導し、
はては稽古から本番までの時間管理に小道具の調達まで、
舞台芸術創造と制作のあらゆるシーンに登場する舞台監督。

でもそれって、すべて舞台監督がやるべきこと?
実は舞台監督たち自身も“自分たちの仕事の領域”に確信が持てなかったりする。
本書はそんな「舞台監督ってなんだろう?」という彼ら自身の議論がきっかけで生まれた自己分析と検証の記録です。

8人の著者によるリレー形式で語られる内容はさまざま。
職制に対する本質的な考察に始まり、具体的なテクニックと段取りの解説から日々の活動の一瞬を切り取ったエッセイにいたるまでを読み進めるうちに、舞台監督という仕事の恐ろしいまでに深くて広い領域が浮かび上がってきます。
舞台芸術制作のあらゆるプロセスにタッチする舞台監督の“いま”を知るための総合解説書として使えるだけではなく、読みすすめるうちに“これから”の問題、彼ら自身が抱えている疑問が浮かび上がってきます。

「ここが議論の出発点になってほしい」という舞台監督たちの想いが伝わる、“答え”ではなく“問い”をそっと差し出してくれる、そんな一冊です。

● 「大正時代の身の上相談」

さていよいよ大正時代の身の上相談が始まります。

東浦☆和男さんの構成・演出。 楽しい時間をお過ごしください。

鶴田さん・茅島さんも仕上がってます!!

● スタッフクラブ21

スタッフクラブ21

はじめに

スタッフクラブは2000年に舞台の裏方の方々を中心とし広く世代や業種の垣根を超えて「交流の場」として発足致しました。

 

2018,5.26 運営委員意見交換会

今年で18年を迎える事ができ運営委員のメンバーも増加し世話人の方々も増加傾向にあります。

昨日2018,5.26運営委員により日程の候補や内容についての意見交換会が開催されましたので下記に抜粋いたします。

開催日 2018,12.12 (水) (第一候補)

時間 未定

場所 青年座稽古場(仮)

 

開催時期については色んな意見がでました。 あまりに年末に近づくと参加くださる方の調整の難しさや今まで「忘年会!」

と銘打って来た流れも踏まえて12月には開催できれば。 との想いから12月12日を選びました。

内容については広く若い世代の裏方の方々にも参加していただくために恒例の「北條寿司」をはじめ「沢田裕二の部屋」

「高橋巖の部屋」そして「矢野森一の懺悔部屋」などが候補にあがりより親しみやすい環境作りを始めて行きます。

そして、スタッフクラブが勝手に選ぶ「授賞式」の開催。賞金や商品につきましては調整段階です。

催し物の開催。プランナー達による「おやじバンド」の結成!

演台による受賞者の挨拶等は極力減少傾向へ。

名札の色分け等による職種の振り分け。

 

 

取り急ぎ弊社のHPに掲載させていただきます。

 

広く皆様の参加をお待ちしております。

 

● 謹賀新年

皆様今年もよろしくお願いします。

● いよいよ!

あすより新作ミュージカル「ゲゲゲの鬼太郎」の顔合わせ!

稽古が始まります。

本日は舞台美術の打ち合わせもあり着々と進んでおります。

是非劇場に足をお運びください。